全ての和牛は“但馬”に通ず



はじまりは一頭の母牛から・・・

日本のブランド牛の歴史は古く、全てはブランド牛の母とも呼ぶべき但馬牛「田尻号」から始まりました。現在、日本に約70万頭いる母牛のうち、実に99.9%が、この「田尻号」の子孫です。
これが「全ての和牛は“但馬”に通ず」と言われる由縁です。
日本で皆さんがよく耳にする代表的なブランド牛と言えば、「松坂牛」「神戸牛」「近江牛」などでしょう。でも実はそれらの有名ブランド牛のルーツはここ但馬で繁殖される「但馬牛」なのです。

専門的な話になりますが、一般的に畜産業は、
●母牛を妊娠させ子牛を産ませる「繁殖」
●その子牛を時間をかけて肉牛にする「肥育」
を分業されています。

この二つは、非常に専門性が高く、それぞれに高い水準での技術が必要なので一貫するには難しいと言われます。
ブランド牛の多くは「肥育」のみの段階を経て銘柄牛となります。その肥育農家の多くは優れた伝統と血統を持つ但馬の牛を仔牛の頃に仕入れ育てます。

上田畜産では、その難しいと言われる「繁殖」と「肥育」を一貫生産を行っております。
さらに、その肥育牛が「枝肉」となった後の「精肉」までの加工、そしてそれの「販売」までも自社で行う完全一貫生産を実現しております。
優れた血統の但馬牛を地元但馬にて生まれる前の「繁殖」からお客様へお届けする「販売」まで、全てを自社で責任を持って取り組む、「お客様へおいしくて安全な牛肉をお届けする」というこだわりから「但馬玄」は生まれました。。
 お届けしたいのは本物です。究極の但馬牛“但馬玄(たじまぐろ)”
上田畜産では、上質な成牛を育てるため、日々研究を重ねています。
年月を重ね、様々な回り道を繰り返しながら辿り着いた答えは「いかに牛を健康にするか」ということ。
それは人と同じように牛を愛すること。

山深い但馬の地で、そば・ごま・あわなど天然素材を中心とした独自配合の餌「セサミヘルスフィード」を与えて、夏は広いスキー場で放牧します。牛たちに惜しみない愛情と手間をかけ、健康な仔牛を産ませ、出来る限り自然なカタチで育てていくという肥育方法。
このようなやりかたは、年間で育てられる牛も数少なくなり、決して効率がいい肥育方法とは言えません。
ですが、このように愛情と手間をかけることが上質な成牛への一番の近道なのです。

このように育てられた牛は、不飽和脂肪酸(魚に近い脂)を多く含み、融点の低い(口溶けの良い)マグロのようにあっさりしたお肉になります。
また、人体では作ることのできない必須アミノ酸も多く含まれます。
大量生産では絶対に出せない、赤身の深い風味と脂身のあっさり感を是非ご体感ください。


究極の但馬牛“但馬玄(たじまぐろ)”

当社で育てる牛は但馬牛の中でも一線を画したものと位置付け、独自ブランド牛「但馬玄(たじまぐろ)」と命名してご提供しております。
 上田畜産の但馬牛は様々な大会で受賞してます!
●第7,9,10,11回全国和牛能力共進会
 優秀賞・特別賞・畜産功労者表彰など多数
 繁殖育成・肥育のW出場も果たす  

●第178回神戸肉技肉共励会
 名誉賞(農林水産省生産局長表彰)

●兵庫県産共進会
 過去7回の名誉賞(農林水産大臣表彰)

●香住町子牛品評会
 雌去勢牛3回連続のWチャンピオン


牛の共進会・品評会は全国各地で行われています。
牛の状態やカタチ、毛のツヤなど改良の成果を競ったり、牛肉自体の肉質を競ったり、その会によっても様々な部門があります。
そのような大会でも、上田畜産の但馬牛は様々な賞をいただいております。
Copyright © 2018 - All Rights Reserved. - UEDA CHIKUSAN CO.,LTD.